【患者様からのご相談|歯列矯正の際、小臼歯を抜歯するのは何故よくないのですか?|文京区・水道橋・御茶ノ水・後楽園】

2015-11-10

【質問】
本日、矯正治療についてある歯科医師に質問したら、「小臼歯を抜歯した矯正は勧められない、自分の娘がもしそうすると言ったら絶対止める。抜歯矯正して50歳、60歳になって後悔している人をいっぱい知っている」とかなり厳しく半ば怒ったように言われ、理由まで説明してもらえなかったのでとても怖くて不安になりました。
矯正の手法として大学病院でも通常行われている方法だと思うのですが、いったい何が良くないのですか?
何か、全身(臓器等にまで及ぶ)の健康に後々悪い影響があるという説や研究結果があるのでしょうか?
もう、抜歯、非抜歯で流派があり、先生もいろいろで、何が良くて何が良くないのわからないし、矯正すること自体やめたくなってきました。
1本抜けたままになっている歯(上顎右5番)があり、5年ほど抜けたままで抜けたままの隙間に向かって前歯4本が2mmほど動いてきたので、このままあと半年、1年したらそのまま隙間が埋まって、重なり合っている前歯が引っ込んでちょうどよくなるのかも?なんて思えてきました。
知り合いの女の子も小臼歯が1本足りなく生えそろったらしく、上の正中ど真ん中に歯がきていますが、並びが綺麗なのでぱっと見おかしく見えません。わたしもそれでもいいのかも?と思うのですが、どうなのでしょうか?
抜歯矯正の案としては、左上4番、(もしかしたら下5番2本も)という案と、非抜歯で数本の歯を数ミリずつ削って隙間を作り並べる、という案もあるそうです。
抜歯したほうが口元が引っ込んでお上品になって、神経を抜いてちょっと痛みがある上4番と、虫歯の治療をして知覚過敏な下5番の歯を抜くのもスッキリしていい気がするのですが、どうなんでしょうか?

【回答】
抜かないで済むなら、誰もが抜きたくはないと思います。
私も、先ずは抜かないで並べることを第一優先で治療方針を検討します。
ただ、抜歯が必要となれば、抜歯をすることで、残った歯が守られる訳ですから、頑なに抜歯矯正を否定する歯科医師には疑問を感じます。理由を言わないのも、なんの根拠もないということです。たくさん知っているといっても大した数ではない事と、問題は抜歯矯正以外にあると思います。100年以上ある歴史で、何か問題があれば、矯正治療自体なくなってますから…
安心して矯正専門医院で相談を受けて下さい。


カテゴリー 患者様からの質問