【患者様からのご質問|歯列矯正の種類について|文京区・水道橋・御茶ノ水・後楽園】

2015-11-10

【質問】
矯正について、質問させてください。
矯正について、全く無知だったので、素人なりにネットで知識を収集しようとしておりますが、
矯正のやり方については、一般的にはワイヤーブラケットと抜歯が主流で、「床矯正」、「顎顔面矯正治療」、「顎顔面口腔育成」等は少数派のようだと感じています。
それについて、その理由(日本でワイヤーブラケットと抜歯が主流になり、それ以外のやり方を採用される先生が少ない理由)を知りたいのです。
また、「床矯正」、「顎顔面矯正治療」、「顎顔面口腔育成」について、素人は違いが分かりにくいのですが、それらの類似点、および異なる点など、わかりやすく、教えていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

 

【回答】
治療法に関しては、主流と言うより適応症の問題だと思います。
現段階では、ブラケットとワイヤーで治す方法が最高のパフォーマンスを発揮する方法だと思います。
マウスピース矯正も増えては来ていますが、どうしても最後にワイヤーを使用したり、あるいはフィニッシュが少々甘いように感じますので、個人的にはオススメしていません。
床矯正は主に学童期において、歯列の拡大を目的に行なう方法で、歯列自体を治すものではないです。
14歳という年齢は対象外であると思われます。
顎顔面矯正や顎顔面口腔育成は、顎変形症や唇顎口蓋裂などの先天疾患がある場合の治療ですので、これも適応外ではないかと思います。


カテゴリー 患者様からの質問

【患者様からのご質問|転倒し前歯が抜け接着したが神経が死んだ、矯正を考慮している場合|文京区・水道橋・御茶ノ水・後楽園】

2015-11-10

【質問】
神経が死んでしまった歯やその歯に対しての今後についてとても悩んでいるので良いアドバイスを頂きたくこちら相談させていただきたいと思います。
1ヶ月前に小4の娘が外で遊んでいて、転んで前歯がすっぽり抜けてしまいました。
この1ヶ月歯医者さんで接着してもらい様子をみていたのですが、やはり神経が死んでしまっているようで神経を取り、根の治療を始めました。
娘は歯並びもあまりよくないので、前歯が抜ける前までは矯正を考えていたのですが、この前歯に対して、ゆくゆくはインプラントにしたほうが良いと言われ・・・
予定外のお金がかかってしまうこと、子供の負担などにとても不安を感じています。
神経を取った前歯を今後どのようにしたら良いか、選択肢がいろいろとあると思いますが、経済的に余裕がない暮らしをしているので、コストがかからず、これから自分の歯と長く付き合っていかなければならない娘への負担が軽くしてあげる方法、また矯正をどのタイミングでするべきかデメリットなど教えていただきたいです。
また、自分の抜けてしまった歯は今、きっちり入っているのですが、インプラントやその他の方法の場合、この歯を利用して維持していけるものなのでしょうか?それとも全く違うもので歯を形成するのでしょうか?

 

【回答】
抜けてしまった歯を戻した場合、神経は死んでしまっても、歯根膜が機能していれば、矯正で動かすことは可能だと思います。
ただ、しばしば歯根と歯槽骨が癒着してしまうことがあるので、そうなってしまうと歯は動きませんから、抜歯をして補綴処置をするか、歯槽骨ごと切り分けて動かすなどの処置をするようになるのではと思います。
抜けてしまった歯を揺らしてみて、動くようでしたら矯正は可能だと思いますので、自分で判断してみるか、当院にご相談下さい。何かしらの処置で満足のいく結果は得られると思われます。いろんな引き出しから納得のいく方法を選びましょう。


カテゴリー 患者様からの質問

【患者様からのご質問|歯列矯正、クリアブラケットを選択したのに不透明で黄色がかった色|文京区・水道橋・御茶ノ水・後楽園】

2015-11-10

【質問】
本日、歯列矯正で上の歯に初めてブラケットをつけてきました。
クリアブラケットと、メタルブラケットがあり私はクリアブラケットを選択。
透明のものの方がやはりお値段は高かったのですが、なるべく目立たないようにと思ってのことです。
しかし、いざつけ終わると、透明ではなく乳白色(かなり黄色がかっている)とにかく明らかに透明ではない装置がついていました。
あれ?と思いその場で聞いたのですが、こちらのほうが歯に馴染むので
と言われその時ははあ、そうですか。と言ってしまいました。
しかし家に帰ってから、クリアブラケットなどと検索すると、やはり透明なものの画像しか見当たりません。
ブラケットを決める際、医院で見せて頂いた見本は透明でした。
なんだか不安になってきてしまい、クリアブラケットというものの中にも、透明でない種類があるのでしょうか?またお値段は同じなのですか?装置は歯の色よりも黄色く馴染むどころか浮いています。ぜひご回答をよろしくお願いします。

 

【回答】
おそらくジルコニアではないかと思います。
ご指摘のとおり、かえって目立ちますよね。なので私は使いません。
特別ジルコニアがしっかりしているとは思いません。
セラミックでもクリアなタイプはあります。
ただ、装置は術者の好みに左右されます。
1症例だけクリアなものを、というのは難しいかもしれませんね。
とはいえ、期間も長い訳ですから、悩みの種を引きずるのも嫌でしょうから、担当医に相談してみましょう。
いい方向で解決してくれる事を祈っています。


カテゴリー 患者様からの質問

【患者様からのご相談|19歳、非抜歯での出っ歯の矯正治療について|文京区・水道橋・御茶ノ水・後楽園】

2015-11-10

【質問】
僕は今大学生なんですが、出っ歯なので矯正をしようと考えています。
でも、できるだけ歯は抜きたくないので、歯を削ってスペースをつくって矯正できるのであればそうしたいと思っています。
矯正方法は個人的には舌側矯正をしたいと思っています。
また自分はいま19歳で一人暮らしなのですが、矯正をはじめるときには親に来てもらわなければいけないんでしょうか?

 

【回答】
どこまで出っ歯か分かりませんが、小臼歯を抜いた場合は約8mmのスペースを
使うことができます。最大限出っ歯を改善しようとして、これを削るだけで
確保するのは大変だと思います。
しかも削る側の技術力次第では、審美的にもダメージがあると思います。
もちろん、削ってスペースの確保を行うことはありますが、
多くは叢生の改善が主な目的だと思います。
大事なことですので、保護者同伴が望ましいと思います。


カテゴリー 患者様からの質問

【患者様からのご相談|8歳、歯列矯正器具の違いと調整について|文京区・水道橋・御茶ノ水・後楽園】

2015-11-10

【質問】
現在子供は8歳です。
数年前に、顎が小さすぎると判定され、顎を大きくしないと歯が入らないため曲がって生えるといわれました。
事実、下の歯が1本曲がって生えてきました。
(写真は1年前のものです。下の歯が曲がって生えてくる前のものになります)
写真の歯が、生えるまでは何もしないといわれ、生えてきてから、顎を広げるための器具を入れるため、奥歯を伸ばすために前歯だけにはめるプラスチックをはめていました。
前歯だけの歯の形に合わせたもので、基本学校から帰ってきからはめるものです前歯が浮く分、後ろが伸びる。
伸びたところに器具をはめると説明を受けていました。(この間、第2期(6歳~8歳)咬合挙上)
今回、第3期(9~11歳)咬合挙上/拡大というとろになります。
クロザートという器具を付けるそうです。
気になったのは、器具は自分のところでは作らないので外注だと言われました。

質問①
器具は、自分のところで作らないのは普通なのでしょうか?
その後の調整は難しくないのでしょうか?

質問②
顎を広げるには、クロザート(取り外しの利くワイヤー)と床矯正治療(ねじで広げていく)ものがあるみたいですが、ここの医院ではねじで広げるタイプのものはないようです。
器具の違いにより、メリットデメリット、違いが色々調べてみてもよくわかりませんでした。
アドバイス頂けますでしょうか。

質問③
今の医院では、第4期(12~14歳)咬合挙上/拡大・第5期(15~17歳)拡大 第6期(18~20歳)咬合安定 第7期21歳~となっています。
HPでみると、第1期2期とはかは見かけます。
細かな設定になっていますが先生方からみると普通なのでしょうか。
11歳までクロザートで広げるというのはよくあるケースのでしょうか?

質問④
各期都度の支払いになっていています。
各20万弱(調整費込み)となっていますが、どう判断してよいのかわかりません。
今回の第3期(9~11歳)で器具は、数回作り直すかもしれないがその料金込みで20万弱でした(なくした場合は別)。
今考えると、歯をひっかけるところをつくるために1年以上かかり、20万近く出すのであれば、初めからねじで広げる矯正治療をしていたら、期間とお金が無駄にならなかったのではと少し考えたりします。上の質問にも重なりますが、古いやりかたなのではと心配です。

お恥ずかしいのですが、かなり生活が苦しく、、、ですがなんとか子供の歯をきれにしてあげたい。
色々悩むところがあります。よろしくお願いします。

【回答】
内容からして、将来的に全顎矯正が必要なのでは?と想像できます。将来的に全顎矯正が必要と判断した場合、永久歯が生え変わるまではなるべく触らないのが私の考えです。今はやらないと言う選択肢があってもいいと思います。ご指摘の通り治療期間がダラダラと長くなりますので…料金に関しては、さすがに上限があるのでは?と思いますが、担当医に聞いてみてはいかがでしょうか。あくまでも私個人の考えであって、これが正解ではありません。

【回答に対する質問】
大原先生回答ありがとうございます。
顎を大きくする矯正なので、行うのは、部分ではなく全顎矯正だとおもっていましたが、もしかしてクロザート矯正は部分矯正なのですか?この矯正で、顎はひろがらないということでしょうか?
子供の歯の成長を促しながら顎を大きくしていく、永久歯の生えるスペースを確保するのかとおもっていたのですが、全顎矯正とういうのは、永久歯が生え換わるまではなるべく触らない方がなぜよいのでしょうか?謎が深まるばかりです。よろしく願い致します。

【回答】
顎骨というベースの上で広げられるのであれば、拡大はすべきだと思いますが、著しく広げすぎて歯が機能しなくなってしまうケースを沢山見てきました。
そのような場合は、抜歯という選択肢もあるので、非抜歯に拘って大けがしないようにするのも大事な事だと思います。担当医が分かってやっているのであれば安心ですが、後のワイヤー矯正でも充分広げられるので、8歳のお子さんにそのような装置を使うのは、私はオススメしません。ワイヤーでも広げきれないようなら、私は抜歯を選択します。


カテゴリー 患者様からの質問

【患者様からのご相談|笑った時の口角と歯の間の隙間を矯正で作る事ができますか?|文京区・水道橋・御茶ノ水・後楽園】

2015-11-10

【質問】
芸能人の笑顔を見てると、ほとんどの人が画像の様に口角と歯の間に空間が出来ています。
私は全力でイーっとしても、口の中が歯でいっぱいでそんな隙間が出来ないのですが、矯正治療でこの空間を作る事は出来るのでしょうか?
何件か矯正歯科へ行って診てもらったところ、私は顎の大きさに対して歯が大きい出っ歯なので抜歯をして歯のスペース分後ろへ下げるという治療になるそうなのですが、それだと後ろへは引っ込むけれど、歯の外周や横幅は変わらないですよね?
口角と歯の間に隙間が出来るように、外周や横幅も縮めると言う事は難しいのでしょうか?

【回答】
お話からすると、上顎あるいは上下顎前突であると思われます。
基本的に犬歯間の幅は変える事なく治療しますが、全体的に後方へ移動させると、貴方様の仰ってる状態に近づくのではないかと思います。
もちろん、元の歯列幅や口の大きさなどの関係で、それが貴方様の求めるゴールではないかもしれませんので、慎重に決断されてはいかがでしょう。ちなみに、矯正治療とホウレイ線は無関係ですので気にしないで下さい。


カテゴリー 患者様からの質問

【患者様からのご相談|歯列矯正中に親知らずが生えてきて、頭痛や顎の痛みまで発生|文京区・水道橋・御茶ノ水・後楽園】

2015-11-10

【質問】
7年ほど前に上下左右の歯を一本ずつ抜き矯正を始めました。
抜いた歯は、上下左右の5番です。
抜歯後、矯正器具をつけ、ガタガタだった歯が綺麗になり、3年ほど前に上と下の表側の矯正器具がはずれ、今は下の前歯の裏側にだけ器具がついています。
そこまではよかったのですが最近、上の歯がガタガタになってきました。
舌の位置がどうしても定まってないのと、親知らずが上下左右完全に生えきってしまったのが原因なのかなと思っています。さらに親知らずが生えてから歯がガタガタになってきただけでなく、首から頭の側面にかけて常に力が入ってる状態で頭痛も収まりません。
親知らずを抜けば、頭痛や顔の張り、顎の痛み、歯のガタガタが治ると思いいつもみていただいてる先生に相談してみたのですが、抜けば矯正をやり直さなければいけないと言われました。
そのときはもう仕方ないのかなと思っていましたが今、受験中で頭痛などが邪魔をして、文字を書いて顔を下に向けてる時が特に痛く、なかなか集中できません。どうしても親知らずが気になってしまいます。
そして、抜いても矯正をやり直さなくてよい方法があるのではないかと思い、ここに相談させていただきました。
そのような方法はあるのでしょうか?また、試験の本番が迫ってきており、そのような時の前に親知らずを抜くことは控えたほうがよいのでしょうか?もし行くとしたら普段行っていない口腔外科でも対応してくれるのでしょうか?質問がたくさんあり、分かりにくかったらすみません。よろしくお願いします。

【回答】
親知らずを抜かなければ、矯正の必要は無いとも受け取れる担当医の意見ですが、僕は違う意見を持っています。
親知らずを抜いて、ガタガタな状態が気にならなければ矯正の必要はないと思います。
気になっているのであれば、親知らずを抜いて、ご自分で都合のよい時期が来たら再治療という手もあります。
すぐに開始する必要もないのでは?と思います。歯の裏側に装置が付いていてガタガタになるというのがひっかかります。部分的に外れてはいないでしょうか。矯正専門医院での相談をおすすめします。


カテゴリー 患者様からの質問

【患者様からのご相談|歯列矯正で下顎の埋まった親知らずを抜歯したが上顎は抜いていません|文京区・水道橋・御茶ノ水・後楽園】

2015-11-10

【質問】
歯列矯正の準備段階?の時に、下の埋まってる親知らずを2本抜きました。上の埋まってる親知らずは抜いてなくて、出っ歯を治したくて矯正したけど、あとあと上の親知らずを抜いてなかった事によって、矯正の後戻りとかしないんでしょうか?親知らず以外に上下4番の歯を4本抜いています。

【回答】
上顎の親知らずが後戻りに影響する事は経験上考えられません。
上顎の親知らずを抜いていないのは、まだ埋まっているからではないでしょうか。
そのうち出てくると思いますので、そのときに抜歯の指示があるのではないかと思います。


カテゴリー 患者様からの質問

【患者様からのご相談|歯列矯正のための抜歯が上は左右で場所が違い・下は非抜歯|文京区・水道橋・御茶ノ水・後楽園】

2015-11-10

【質問】
顎関節症の症状は改善し、痛みもなくなったので矯正の開始を考えております。
左下7番根管治療中(あとは土台とかぶせのみです)
右上5番根管治療中(こちらはまだかかりそうです)
先日、矯正歯科にかかり相談をしました。(認定医の先生です)

●上顎が出ていて、歯はまっすぐ(右1番はねじれていますが)だけど出っ歯傾向にあるので、上の左は4番、右は5番(神経がないので)を抜歯したらEラインが整う。下の抜歯はいらない。
●左上下5番がシザーズバイトぎみになっているので、矯正はおすすめする。
早期接触になっている。自分でも確かに、上顎は前突していると思います。

質問内容です。
●左右の抜歯の番号が違うのですが問題ないのでしょうか?
●上は抜歯、下は非抜歯で整うのでしょうか?そういうこともあるのでしょうか?
●来週もう1件相談に行くことになっています。何を確認すべきなのかが今ひとつ分かっていない自分がいます。
一般的な意見で構いませんので、よろしくお願いします。

【回答】
大臼歯関係がII級であることが確認済みであれば、その治療方針は間違っていないと思います。
左右で抜く歯が違っても、治療期間に影響が出るかもしれませんが、機能的には大きな問題にはならないと思います。いくつかの方針が出るようであれば、それぞれのメリット、デメリットを納得のいくまで説明を受けるといいと思います。矯正治療を受けるという姿勢に敬意を払いたいと思います。頑張りましょう!


カテゴリー 患者様からの質問

【患者様からのご相談|抜歯矯正を始めてから舌の側面に歯型がつく、舌癌が心配|文京区・水道橋・御茶ノ水・後楽園】

2015-11-10

【質問】
私は昨年の12月から開咬を治すために抜歯矯正をしています。
上は左右5番を抜き、下は虫歯により左下6番が欠損していますが他は抜いていません。
後ろに埋まっている親不知があるので後戻りを避けるためにも抜歯矯正を勧められ、かかりつけの先生にも矯正で抜歯するのは珍しいことではないと言われ、勇気を出して抜歯に踏み切りました。
しかし最近になって思わぬ不安が生まれました。私は元々全体的に舌の幅が大きく、噛むこともあるのですが、矯正を始めてから舌の側面に歯型がつくようになってしまいした。
これは抜歯矯正をしたことによってアーチが狭まり、舌をおさめるスペースがなくなってしまい行き場を失ったからでしょうか?
舌の側面に歯型がつくのは舌癌の原因だとテレビで見たこともあり、不安で仕方ありません。
抜歯矯正をしたことを後悔すらしています…。ここで伺いたいのですが、

1、開咬の矯正は難しいと聞くのですが、なぜでしょうか?
また抜歯をして行うことがあるのはなぜでしょうか?
2、抜歯矯正をしたことで舌の置き場が狭くなり、舌が歯に傷つけられて舌癌になることはあるのでしょうか?
3、舌に歯型をつけないようにしたいのですが、元々舌が大きい場合はどうしようもない気がするのですが、何か改善する方法はありますか?

【回答】
もしかすると、矯正を始めて、自分の口の中をよく見るようになって気付いたのかもしれません。
前からあったのかもしれませんね。抜歯したからといって、著しくアーチが狭くなるとは考えにくいですし、始めて数ヶ月でそれは無いかと思われます。舌癌の直接的な原因にはならないと思います。この現象は、舌の過緊張によって起こってるのだと思います。歯ぎしりや食いしばりはしていないですか?ちょっとアプローチを変えてみましょうか。
甘いものはお好きですか?食事における糖質の比率は高くないですか?
こういった食生活で、血糖値の調節に異常があると、ホルモンのアンバランスが生じ、気になられているような現象を起こす場合があります。もちろん、全てではないですが…食生活を振りかえってみましょう。


カテゴリー 患者様からの質問