【患者様からのご相談|歯列矯正中に親知らずが生えてきて、頭痛や顎の痛みまで発生|文京区・水道橋・御茶ノ水・後楽園】

2015-11-10

【質問】
7年ほど前に上下左右の歯を一本ずつ抜き矯正を始めました。
抜いた歯は、上下左右の5番です。
抜歯後、矯正器具をつけ、ガタガタだった歯が綺麗になり、3年ほど前に上と下の表側の矯正器具がはずれ、今は下の前歯の裏側にだけ器具がついています。
そこまではよかったのですが最近、上の歯がガタガタになってきました。
舌の位置がどうしても定まってないのと、親知らずが上下左右完全に生えきってしまったのが原因なのかなと思っています。さらに親知らずが生えてから歯がガタガタになってきただけでなく、首から頭の側面にかけて常に力が入ってる状態で頭痛も収まりません。
親知らずを抜けば、頭痛や顔の張り、顎の痛み、歯のガタガタが治ると思いいつもみていただいてる先生に相談してみたのですが、抜けば矯正をやり直さなければいけないと言われました。
そのときはもう仕方ないのかなと思っていましたが今、受験中で頭痛などが邪魔をして、文字を書いて顔を下に向けてる時が特に痛く、なかなか集中できません。どうしても親知らずが気になってしまいます。
そして、抜いても矯正をやり直さなくてよい方法があるのではないかと思い、ここに相談させていただきました。
そのような方法はあるのでしょうか?また、試験の本番が迫ってきており、そのような時の前に親知らずを抜くことは控えたほうがよいのでしょうか?もし行くとしたら普段行っていない口腔外科でも対応してくれるのでしょうか?質問がたくさんあり、分かりにくかったらすみません。よろしくお願いします。

【回答】
親知らずを抜かなければ、矯正の必要は無いとも受け取れる担当医の意見ですが、僕は違う意見を持っています。
親知らずを抜いて、ガタガタな状態が気にならなければ矯正の必要はないと思います。
気になっているのであれば、親知らずを抜いて、ご自分で都合のよい時期が来たら再治療という手もあります。
すぐに開始する必要もないのでは?と思います。歯の裏側に装置が付いていてガタガタになるというのがひっかかります。部分的に外れてはいないでしょうか。矯正専門医院での相談をおすすめします。


カテゴリー 患者様からの質問