【患者様からのご質問|転倒し前歯が抜け接着したが神経が死んだ、矯正を考慮している場合|文京区・水道橋・御茶ノ水・後楽園】

2015-11-10

【質問】
神経が死んでしまった歯やその歯に対しての今後についてとても悩んでいるので良いアドバイスを頂きたくこちら相談させていただきたいと思います。
1ヶ月前に小4の娘が外で遊んでいて、転んで前歯がすっぽり抜けてしまいました。
この1ヶ月歯医者さんで接着してもらい様子をみていたのですが、やはり神経が死んでしまっているようで神経を取り、根の治療を始めました。
娘は歯並びもあまりよくないので、前歯が抜ける前までは矯正を考えていたのですが、この前歯に対して、ゆくゆくはインプラントにしたほうが良いと言われ・・・
予定外のお金がかかってしまうこと、子供の負担などにとても不安を感じています。
神経を取った前歯を今後どのようにしたら良いか、選択肢がいろいろとあると思いますが、経済的に余裕がない暮らしをしているので、コストがかからず、これから自分の歯と長く付き合っていかなければならない娘への負担が軽くしてあげる方法、また矯正をどのタイミングでするべきかデメリットなど教えていただきたいです。
また、自分の抜けてしまった歯は今、きっちり入っているのですが、インプラントやその他の方法の場合、この歯を利用して維持していけるものなのでしょうか?それとも全く違うもので歯を形成するのでしょうか?

 

【回答】
抜けてしまった歯を戻した場合、神経は死んでしまっても、歯根膜が機能していれば、矯正で動かすことは可能だと思います。
ただ、しばしば歯根と歯槽骨が癒着してしまうことがあるので、そうなってしまうと歯は動きませんから、抜歯をして補綴処置をするか、歯槽骨ごと切り分けて動かすなどの処置をするようになるのではと思います。
抜けてしまった歯を揺らしてみて、動くようでしたら矯正は可能だと思いますので、自分で判断してみるか、当院にご相談下さい。何かしらの処置で満足のいく結果は得られると思われます。いろんな引き出しから納得のいく方法を選びましょう。


カテゴリー 患者様からの質問